眠れぬ夜は朝寝るべき?

なんだかんだとテレビを見たり、録画を見たりとダラダラしていたらこんな時間になってしまった

昨日は誕生日で、焼肉を食べたのだがそこからやや調子が悪く、高い食べ物はやっぱし体が慣れてないから驚くのかしら、とか考える布団の中

 

食事中、働く云々の話になり、パートでもいいとの話を受けた

うーん、そこは悩みどころなんだよなぁ

パートだと年金が天引きじゃないし八万円までぐらいしか稼げない…逆に正社員だと体力がもつか心配ってのがネック?

親がお金がないから余裕がなかったところを見る限り、働けるならできるだけ働いて選択肢を増やしておきたいのはあるんだがいかんせんこの体で雇ってくれるとこある???ってのがまず難点

正直傷病手当もっと貯金しとけよー、と過去の自分に投げかけておく

そもそもストレスを自己生産して自己破滅してくタイプなのに大丈夫かー自分ー、胃からすっぱいもんこみ上げてマーライオンはほんとやだぞー

 

とは言いつつこれは寝不足とかによるもんだと信じて、さっさと寝ようか、明日のクソ女の対応に関して彼から言ったことがどうなるかが不安なんだと思う

逆に幼馴染への恋心みたいなもんは俺あいつみたいのやだってのでブッとんだ!!!おめーみたいなのこっちからお断りだこんにゃろ!!ハゲろ!!!

 

あ、暴言吐いたらスッキリした

恋人とその友達との付き合いの話

*多分身内が見たらバレる域ですがフェイクいれてますよろしく

 

恋人と私はそもそも友人だった

学生時代に知り合い、当時違う人とそれぞれおつきあいをし、向こうの恋愛相談に乗るくらいの、話せば長く続くが頻繁に会わないタイプの友達だった

学校を卒業し、互いに環境が変わりたまにメールのやり取りをするくらいで、すっかり忘れた頃に再会し、グループ交際を経てすったもんだを超えてもう当時おつきあいを始めた頃に生まれた子が小学生になってくらいの長い期間おつきあいをしてきた

そこに絡まってややこしくするのが、そのグループ交際の頃の因縁?とも言うべきことだった

端的に言うならば、そのグループ交際を取りまとめてたのが私なのだが、女性陣がすこぶる誰かを標的にしていないとダメな女達だったことで、まぁおめぇらすごいなそんなクソみたいな中身だったんだなと思えるくらいいろんなことをやらかしたのだ

まぁそれにたいしての私の行動は当時の私そらができてあいつらを切らなかったのは駄目だわと言える素早さでサクッと証拠を集め、これ以上するならおおごとにするぞとこれまた仲良しだったけどそのあとで縁を切ることになるメンヘラクソビッチ経由でお届けして、イジメをやめさせた

そんだけの行動力ある癖に見抜けずにいたのが人生最大の過ちだったように思うが…

あの頃の取りまとめ前の私に言えることは、1人で生きろということだけなくらいにはまぁ人間関係が下手な己なので仕方ないと思いつつ

 

 

そのうちの1人(今後ゲロ豚女と記載する)がそのまま図太く付き合い続け、結婚したのでまぁ因縁が続くことが確定してることにげんなりとしたのが丁度一年前

 

グループの男性陣はそもそも仲良しの五人組なので定期的に集まって遊んでおり、その中に私が入ることもままあった

その中に先程のゲロ豚女以外のメンバーの彼女が入ったりしつつ脱出ゲームやら色々と遊びに行くことも多くあった

そのゲロ豚女には他のメンバーも迷惑をかけられており、恋人以外はゲロ豚女は嫌がることがままあったこと、私の拒否反応に何人かが理解があったことで、遊びのメンバーにゲロ豚女が入ることは一切なかった

今後もさせるつもりはないけれど、来るならメンバーの彼女連れて帰る、と宣言しているぐらいには嫌い

 

という話が前提。

今年春頃から、その男性陣の集まりが増え、よく遊ぶようになっていた

お風呂やらテニスやらカラオケやらと色々はしゃぎ回ってることも知っていたし、まぁ今くらいだしな〜と見守っていた

 

見守っていたつもりだった

 

それが、先日爆発し、結婚指輪もキャンセルするかというところまで大ゲンカしたのだ

 

ことはそのブチギレ案件が出る3日前、デートの日をずらして欲しいと言われ、モヤモヤしつつオーケーを出したところから始まった

予定とかもなかったし、休み明けも1日休みとったからその日にデートでいいだろ、との言い草にイラっとしつつ、間違ってないのでオーケーを出した

まぁその時にまだ行ったことがないからナイトプール行くとかそういった話をされたことにもイライラしたし、最近しょっちゅう会ってるくせに己の予定優先かいやとも思ったし、そもそもオーケーは出したがイライラは底で燻っていた

 

ピークは泊まりに5人で行ってるなら友達彼女と最近話せてなかったし電話しようと電話したのがきっかけだった

 

その時宿泊する場所が予約出来なかったところまでは知っていたが、ゲロ豚女とその旦那の家に泊まっていることをその彼女から聞いて、電話切ったあとでそれまでのいろんなイライラが爆発した

正直、ゲロ豚女に関わることは聞きたくないし、聞く必要もなかったし気分が悪い

なので、話題が出るたびイライラしたのでゲロ豚女の話は聞きたくないことと、ここ最近は聞きたくない話題だと判断したらそこでもう聞きたくないとシャットアウトするなどの言動を見せててそれかーーーとなった

もう、それがわかってから朝までイライラしっぱなしだし、それでも怒ってることを伝えてあとは自分で考えろと言わんばかりに突っぱね、携帯の調子が悪かったことも相まって向こうはすごく焦ったと思う

出先だったのを盾にして通話も拒否し、所用が落ち着いたところで連絡を取り、嫌だったことを言うとえ?ナイトプールに行ったことじゃなくて???それがなんでダメなの????と言わんばかりだった

てか多分言ってた気がする

それまでもそこそこゲロ豚女関連に対しては我慢してきたつもりだったし、我慢してくれてると認識してるもんだと思ってたんだが、そこで盛大なズレが発覚して、更に怒りが強まった

最初それを聞いた時、怒りの頂点を超えて頭が真っ白になって、笑ってしまったくらいだ

笑ったあとで、もう根絶治療の方が気持ちは楽になれるかなと別れることも入れたくはなかったが一割ほどの予想に入れていてたのが一気に順番抜かしをして前に来てしまうほどだった

前に来た結果、笑顔で別れることも視野にいれてます!って宣言したくらいだった

(その時は通話だったので笑顔はたくさんいたコミティアの帰り道の人にしか見えてなかったが)

これくらいしないと理解しないなと思い爆発した結果、恋人は絶句するわ声が三段ほど落ちるわで普段の爆発よりもずっとやばいことに気付き、至急合流して話し合うことになった

 

続く!!

 

少しすっきりした

先日妹とぶっちゃけた話をした

 

内容はとりとめもなく…と言いたいところだったが、かなり深い内容を延々と話していた

親の話、今後の話、兄弟関係の話…

妹自身の主張が激しすぎて父と合わないのだが、これは互いにワガママな部分の擦り付け合いだなーと思いつつ

否定すると多分わかってくれない、とキレるか黙るかもう言わないかになるので受け入れつつガス抜きをした

去年の夏頃から春頃まで、弟は姉の私のことをすこぶる嫌い、ちゃんとしない姉と決めつけ無視をしたりしていた

仕事をしていないこと、ずっと寝ていること、起きても出かけて遊びに行くことなんかが気に入らず、2人だけだと物に当たり散らしていた

 

弟はそれじゃあマトモなのかと言われると微妙な塩梅で、一年大学浪人をして、一年就職浪人もしている

どちらも希望するところには行けず、夜中に布団を殴りつけることもあったことも知っていたし、彼女ができてもうまく付き合えず手も繋げないままフラれてたりとまぁ運がないような男だ

本人の生き方や、言動が割と勉強ができることで見逃されてた部分があったのに勉強をもっとできる人がいる場面に真正面から立ってしまったが故に我慢してたぶんが爆発してしまったのかなとも見ている

まぁそんな不幸な弟からの無視はそれ以降も続いているので、今会社の寮に下宿している弟が帰ってくる際は気分が悪いので家を出るようにしている

 

最初は恋人と外泊していた

もともとここ何年かでやっと外泊できるようになり、まぁ家を出る際も恋人と一緒なら…と渋々オーケーしていた

だが帰ってくるのは毎月だし、恋人をそこまで振り回すのも悪いと思っていた矢先、突発的に弟が帰ってくることになった

恋人はその日は仕事だし、外泊をしょっちゅうするわけにもいかず、親は家にいたらいいじゃないかと言ったが、自分が限界だったし、半年以上のモラハラに正直嫌気がさしていたのでネカフェにでも泊まると言い出すと途端に態度を変え、祖母の家や叔父の家に泊まれるように手配しだした

どこまで我慢させる気だったんだろうと思いつつ、兄弟の不仲を直視せず、ことなかれすぎて若干引く自分もいた

先月は弟の誕生日だったが、当日朝に弟を呼んでお祝いをしようと私に暗に我慢しろと言いだした父に、私は敢えて我慢せずに、さらっと

 

じゃあ帰ってくるなら教えてね、でてくから

 

と笑顔で言うと、父は困った顔をして頑なだなと言われて、弟を呼ぶ話はなくなった

 

そういった話なんかも妹にしたら、なんで我慢させようとするんだろうねって言ってた妹を見て、父親の話が通りそうな方に話を持っていこうとするところに気がついた

 

家の中でも、リビングの1/4は父の本や無駄な書類で埋め尽くされているのだが、なんだかんだ理由をつけて片付けようとはしない

これがある限り孫を産んだとしても危険だし埃が舞っているから連れていけない、と孫が産まれたらアレルギーのことを出して言おうと思っている

孫がアレルギーでなくても、だ

これが通るのか否かはわからないが、親戚やら家族やらに煩い父がどう動くのかを楽しみにしている自分が真っ黒すぎて笑う

めんくさ

人間関係が非常にめんどくさい。

特にやれ誰の誕生日だの祝わなければならないのがめんどくさい。

人に対してネットでも気遣って、外でも人にいい顔して非常にめんどくさい。

フォローしたとか外したブロックしただのなんかもうぜんぶめんどくさい。

しがらみにずっと囚われたままな気がして非常にめんどくさいので、新しいアカウントでも作ってみようか、とか考えている。

また誰かとややこしいことになるならこんなことしなければいいのにと思うと同時に、さみしくて仕方がない矛盾なのだ。

吐き出し

まぁ子どもの頃から人の輪に入るのがそんなに得意ではなかった

幼稚園くらいまでならなんとかなったが、小学校一年生くらいからもういじめられていた覚えがあるくらいには割といじめられやすい子だったように思う

 

当時兄弟が新しく生まれ、間にもう一人兄弟もいたこと、学校が家から子どもの足で30分はかかることなども相まって親はまったく気付かず、嘘をついて遊びに行ってはいけないと言われた子の家に行ったりもしていた

学校でのトラブルなども親に言えず、学年が上がるまではひたすら耐えて耐えて、2年生になってやっと環境が変わってなんとかなった、そんな感じだった

あとはもう、人と関わるより本だった

元々文字を読むのが好きで、高学年になって委員長なんかをやるようになってからは朝本を借りて放課後までに読み、放課後また借りて歩きながら読みながら帰る、みたいな感じで女の子の遊びにもほとんど参加しなかったのも今までのいじめの一端ととらえても問題ないと思う

あとは涙脆く、あまり反抗しなかったのも遠因なんだろうな、とかそういうことを思っていた

人と関わることを放棄した生き方をしていたから人とうまく関わることができないのだ、とうっすら自覚していたし、自分は一生1人で過ごすだろうと中学時代を過ごした

親にも上手く甘えられないままそれを恨む甘い子どもだったと思う

それでも、10年経っても未だに仲のいい友達に会えた、それだけで中学時代は報われていたのだと思う

3人も、だ

そして高校に入って何故か恋人までできて(卒業後別れたが)

なんだかんだと恵まれていたのだと思う

その後女子大に入り、腐女子や夢女子になれずイジメを受け資格を取り新しい恋人ができ(これは男)先日大学時代の友達はほぼ縁が途切れたことで、大学時代の意味は資格を取ったことと多分この人と結婚するであろう、と思うくらいの恋人ができたくらいの意味しかなくなったことに気付いた

親に申し訳ないなぁ、という気持ちがすごくある

資格も結局その業界からは離れることを決めたので実質意味がないのだ

そして今は精神科にかかりつつ眠れない日々を過ごしている

不安で仕方ないので今はどこでも働けるよう、資格を取ろうと勉強している

つまりはニートだな!!ちょっと定収入のあるニートだ!!

と言いつつ少し凹む己がいる